平成30年2月10日(土)、浜松町シーバンスホールにて第2回「江上茂を語る会」を開催いたしました。

当日は、日本はもとよりスペイン・イタリア・フランス・ブラジル・チリ・ポルトガル・台湾といった国々からも延べ250名お集まりいただく盛大な会となりました。

「江上茂を語る会」実行委員長であり、江上茂の次男、江上仁士からの開会宣言によって会が始まり、

はじめに第四代松濤館館長、瀧田良德様よりご祝辞を頂戴。

私たちが再建を目指す「遊天荘」建設に深く携わり、今も江上家と親交の深い東邦大学OBの高橋是良様による乾杯で会は始まりました。

孫、江上健による「遊天荘の歴史と今」について報告が行われ、

長男、江上尚志による来賓の皆様の紹介

海外からのお客様については、昼間先生にご紹介いただきました。

またこの日はちょうど「江上尚志・沙恵子」夫妻の金婚式の日に当たり、早稲田大学棒術会の皆様によるサプライズセレモニーが行われました!

大勢の皆様にお集まりいただき、盛会のうちに幕を下ろすことができました。ご来場の皆様、準備や当日の運営にお手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

当日の様子につきましては、ギャラリーコーナーなどで改めて報告させていただきます。