『遊天荘』の復興・維持を行いながら、武道や空手道を通じた江上茂の教えを後世に伝えます

江上茂の稽古人たち

  • HOME »
  • 江上茂の稽古人たち

沖縄の『唐手術』を本土へ持ち込み『空手道』として普及させた松濤館流の開祖、船越義珍(ふなこしぎちん)先生の直弟子で、戦災で焼失した「松濤館」を芝浦に再建し、初代館長を務めた、江上茂(えがみしげる)。

船越義珍先生の『空手道』に井上鑑昭(いのうえのりあき)先生を祖とする『親英体道(親和体道)』の動きを取り入れた江上の空手は、没後35年以上が経つ現在に於いても、世界各国の武道家や有志団体によって敬愛・伝承されており、江上茂の精神は生き続けている。

当会へのご連絡はこちらから

会員ログイン

  • facebook

翻訳

PAGETOP
Copyright © Egami Karatedo Doyukai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status