『遊天荘』の復興・維持を行いながら、武道や空手道を通じた江上茂の教えを後世に伝えます

君影草 完全版 第1章 第1話 『序章』

昭和16年当時
昭和16年当時

その日、私はお茶のお稽古の日で、出掛けるために、紫の銘仙に紅朱の帯を締めて足袋をはこうとしていた。

「一寸 住吉の家へ寮ってゲナ」伯母の言葉に、あら?といぶかしく思いながら、たいして気にならず、袱紗を胸にしまふと、急ぎ足で、親戚の住吉の家の敷居をまたいだ。伯父の知リ合いで世話好きのNさんが出て来て「お待ちかねタイ、さあさ、こっちへ」と言う。奥の座敷に入ると其処に年配の紳士とその夫人らしい小柄なふくよかなひとが座っている。私はおやっ?と思ひながら、「いらっしゃいませ」と頭を下げると、二人はにこにこしながら「お手間をとらせました」と言う。それから名前や、お稽古の事や、学校の事を聞かれた。どうやら私は品定めをされているのだな、と考えるのに時間はかからなかった。ともかく其処は適当に答えて、お茶のお稽古ですからと立ち上がった。

一体誰だろうと考えて、はたと思ひ当たる事があった。二・三日前Nさんに連れられて一人の男性が来たとの事、私は丁度留守だったので又出直しますと帰っていったそうである。その人の両親かも知れない、と思った。

私は小さい時、父を亡くし又母もその後再婚したから、東京の小学校を六年になった許りで、大牟田の母の兄夫婦、すなわち伯父の家に引き取られて行った。肉親に縁の薄い娘であった。

伯父夫婦が割合いい人達で、県立の女学校へ通はして貰ったし、何不自由なく育ててくれた。私は父亡き後、母が苦労した事を見ていたから、女も仕事を持って独立すべきだと常々考えもし、出来れば女医になりたいと思っていた。

卒業も近くなると、東京の女子医専から推薦があれば入学出来ると言うので、伯父夫婦に頻んだがどうしても赦してくれない。
 学校から先生が来て誘めてくれたが、駄目だった。全く惜しいと言われたが、女は家庭に入るのか一番よいと伯父夫婦はいった。
 女学校時代はとても丈夫で、陸上部に入って、試合にも良く出た。ハンドボール投げは県の大会でも入賞した。
 卒業後家に籠もりお稽古事をしながら悶々と暮らしている内に少し身体がおかしくなった。当時、陸上部の友人がバタバタと肺病になり若く死んで行った。環境が変わり過ぎたのであった。私もあまりはかばかしくないので、検査してもらったところ尿から結核菌が出ている事が分かり、本当に驚いた。十八才の時であった。友人の紹介で熊本医大で検査の結果、腎臓結核にかかっている事が分かった。

すずらん
ユリ科の多年生植物。高山や寒い地方にはえる。初夏に白いすずの形の小花をひらく。谷間のひめゆり。きみかげそう。

それから私は三年間通院をしながら治療した。つらい毎日だった。
 満三年たって結核菌が「痕跡」になって、あと二年この状態が続けば結婚してもいいでしょう、と先生が「よかったねー」といって下さった。

私の青春時代は闘病で終りそうであった。伯父や伯母にきがねをして、明るく青春を過ごす友人が羨ましかった。校庭で跳び廻っていた頃の自分がいとほしかった。私に結婚を申し込んでくれた人へも、病ゆえあきらめて貰う事も度々だった。それでもいいと言う人も、最後の段階になると、腰ごみし、叉若い医師が自分が必ず治してみせるから、自分と暮らそうと言ってくれたが、間もなく軍医召集がかかリ、マレーシャのジョホール水道から再び還ってはこなかった。そして医師から結婚してもいいと言はれた時、もう二十三才も終ろうとしていた。

「結婚したくなかったらしなてもいいんだよ」

「お前が一生涯暮らせる位のものは残してあるよ」と伯父は言って慰さめてくれた。

私には私のプライドがあり、この人と言う人の現れる迄は結婚すまいと、かたくなに縁談を断って少し高望みとも言われた。しかし私の信念はかたく、何時かそうゆう人にめぐり会えると信じていたが、伯父夫婦に何時迄も世話になるのもつらく、独立して暮らしたいと心の中では思い続けていた。そしてその機会をねらっていた。自分を安売りはすまい、私はなんて傲慢な女だったろう。

住吉の家によばれた翌日、Nさんがやって来て、
 「昨日はすみませんでした。あの御夫婦は、江上さんですタイ、お嬢さんバえろう気に入んなすって、ぜひ息子の嫁にと言って今日は来ましたタイ」とびっくリする様な縁淡を持ち込んで来た。

伯父夫婦は黙ってしまった。何しろ当時の江上家は飛ぶ烏を落とすいきおいで、早稲田に通っている三人の息子に三百円を送っているとの街中のうわさだった。百円は当時でも、普通のサラリーマンでも高給で東大出の初任給が七十円位だったろうか。いまはその二男も参謀本部に勤めている由、その人にと、Nさんは翌日も翌日も朝早くから矢の催促である。私はすっかり困ってしまった、二十四才の夏であった。

このお話は、富士通株式会社空手道部機関誌『遊天』第3号(昭和60年8月10日発行)に掲載されました。

 

第2話 婚約 »

江上茂資料館

当会へのご連絡はこちらから

会員ログイン

江上茂資料館

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Egami Karatedo Doyukai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status