『遊天荘』の復興・維持を行いながら、武道や空手道を通じた江上茂の教えを後世に伝えます

君影草 完全版 第1章 第8話 『空手』

このページのコンテンツを全てお読みいただくには、協力会員への登録が必要です


夕方、防空演習から帰って来ると、主人はもう帰っていて、私の持っている六尺棒を見ると、頭から「バカ!!」と呶驚った。キョトンとして私は、思はず主人を見た。

「一体、何だと思っているんだ、大先生から戴いた大事な棒なんだゾ」

そこで私はえらい事をしたと思った。呆れ顔の主人と棒を交互に見くらべて、どうしていいか分らない気持ちだった。

空手の話を主人から聞いたのは、其の時が始めてであった。そう言へば、仲人が挙をかためて、畳の上をコツンと叩いて、「茂さんは、これが強かっですタイ」と言ったことを思いだした。其の時は何のことだろうと思ったけれど、すっかり忘れてしまっていた。

棒は空手の稽古になくてはならぬもの、巻藁は、挙を強くする為の道具、毎晩出かけるのは、松濤館という目白の空手道場。其処に大先生と、若先生がいらっしゃって、各大学の卒業生や、学生、それに一般の人達も稽古に来る。と、あらまし説明してくれた。

全く、夫の趣味も何も知らず結婚した私は、迂闊であった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

江上茂資料館

当会へのご連絡はこちらから

会員ログイン

江上茂資料館

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Egami Karatedo Doyukai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status