『遊天荘』の復興・維持を行いながら、武道や空手道を通じた江上茂の教えを後世に伝えます

君影草 完全版 第1章 第9話 『はじめてのボーナス』

このページのコンテンツを全てお読みいただくには、協力会員への登録が必要です


昭和32年11月 後列両親
前列左 主人、右 野田俊作夫妻

三月の終りには、ボーナスが出ると言う。役所の人が来て饒舌つていたから、毎月のように貯金を引出して暮らさねばならない私にとって、ボーナスは本当に待たれるものであった。いくら出るのだろう。しかしそれも又、貯金しなければならないとすれば佗しい。しかしやっぱり期待していた。

三月の終りの風の強い日であった。役所から帰って来た主人が、之から池袋の要町へ行くと言った。用も無いのに私も連れて行くと言うのは、どういう訳か私はいぶかしく思った。沼袋から西武線で高田の馬場へ、其処から省線に乗り替えし池袋に着いた。其処から歩くのだと言う。乗り物の無い所だから、ひどく遠く感じた。高橋さんという役所の人だと言う。下駄の音が春まだ浅いつめたい夜空に響いた。

高橋さんのお宅は、奥様と二人暮しらしくお子さんが居る様には見えなかった。さあさあと招じ入れられると、主人はポケットから封筒を取り出すと、
 「本当に有難うございました」
と高橋さんに差し出した。
 「本当にいいのですか、あとでもいいのですよ」
 高橋さんは主人に言うと今度は私の顔を見てにっこりされた。其処で私は、はたと思いあたった。ボーナス、なのだ。結婚にあたって、借りたお金らしい。それを最初のボーナスで返しに来たのだ。そう言う事だったのか私は血の気が引くのを覚えた。
 いいえ、大丈夫です。そして助かりました、有難うございました。と主人はお礼をのベた。あわれ、かくしてボーナスは夢として消えた。私の手についに渡らなかった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

江上茂資料館

当会へのご連絡はこちらから

会員ログイン

江上茂資料館

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Egami Karatedo Doyukai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status