『遊天荘』の復興・維持を行いながら、武道や空手道を通じた江上茂の教えを後世に伝えます

君影草 完全版 第2章 第2話 『二間の空手道場』

このページのコンテンツを全てお読みいただくには、協力会員への登録が必要です

二間の空手道場
主人の父

弟子志願が続々と現れた。可愛いい幼稚園生もいる。小学生もいる。中学生も聞きづてに三、四人魚屋のあんちゃんも来た。

何しろ、八畳と六畳の二間だから狭いことおびただしい。空手というものを、殆ど誰も知らなかったから、主人は彼等を集めて、その由来を教える。 護身の術なのだよ。喧嘩の為のものじゃないんだぞ。と、弟子達は美しい瞳を向けて、一生懸命聞いているのだ。もともと、主人は松蔭を尊敬していた人で、一人から一人へと、まともな人間が育って行くことを常に望んでいた。

弟子の親は、そんな危険な武道はよせ、と連れに帰る者もあった。当時、空手使いは、誓察のブラックリストに載っているのだと、噂された。しかし連れ戻された子も、又何時か顔を出して来た。こぶしの握り方、騎馬立ち、突き、蹴り、やさしく、すこしづつ教えた。ほんの初歩の稽古が終わると、あとは一同車座になって主人の話を聞いた。何しろ、天才的に話術のうまい人だったから、面白がって、誰一人帰ろうと腰をあげる人は居なかった。時計を見上げて、明日の学業や仕事に差し支えない様に帰した。それから風呂に入り、ぐったりと主人は寝てしまう。

東京を出発して、もう四ヶ月近くにはなっていただろうか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

江上茂資料館

当会へのご連絡はこちらから

会員ログイン

江上茂資料館

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Egami Karatedo Doyukai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status