『遊天荘』の復興・維持を行いながら、武道や空手道を通じた江上茂の教えを後世に伝えます

君影草 完全版 第3章 第9話 『オリンピック近まる』

このページのコンテンツを全てお読みいただくには、協力会員への登録が必要です


我々の後ろに顔を見せているのがオリビエ夫妻(高知にて)

学習院大学の空手部の三十三年卒業に、永沢詢さん、深沢三千人さんがいた。この二人から主人は結婚の媒酌を頼まれた。もとより柄でもないので、最初はお断りしたのだけれど、たっての願いでお引き受けするはめになった。何のお祝いも出来ないのが心苦しかったが、兎も角、東京へ出ての最初の媒酌だったと記憶している。

もう、式場も何処か、都心の宴会場だったと思うが忘れてしまった。

とても、明るくて、さわやかな新夫婦が出来上がった。

日頃、座談はとても上手で、人を楽しませる主人が、改まる席で話すことはとても嫌いで、コチコチになるのが私にとって、自分迄が固くなって、心の中でうまく責任を果たしてくれるように祈っているのだが、脇の下にぐっしょり汗をかく程緊張した。紙に書いて行けば、と私は言うのだが、決して書かない。それを見ながらしゃべるのは嫌だという。だから至って短い挨拶で、時にはもう少し詳しく紹介してあげればいいのにと思う。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

江上茂資料館

当会へのご連絡はこちらから

会員ログイン

江上茂資料館

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Egami Karatedo Doyukai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status