『遊天荘』の復興・維持を行いながら、武道や空手道を通じた江上茂の教えを後世に伝えます

君影草 完全版 第5章 第2話 『松濤館再建なる』

このページのコンテンツを全てお読みいただくには、協力会員への登録が必要です


 

主人は、友人がそれ程多い人ではなかった。子供の頃、かなりはげしい気性だった様だから、なかなか友人が出来なかったのかも知れないが、小学校や中学校の友人の名前は、二、三聞いたのだが、其の後交際している様子はなかった。

何しろ、野球チームが出来る男の兄弟が九人居て、仲がよかったから遊ぶのには事欠かなかったのであろう。

大学に入って、空手部の先輩、後輩の名はよく聞かされた。ゼミの仲間の二人、後年は中学の二人とは遠く離れてはいたが、会えば仲がよかった様子が偲ばれて、終生交際を続けた。

が、やはりあまり交際上手な人ではなかった様に思う。

ゼミの友人の、須藤さん、谷さんの二人は、はた目にみても羨ましいような友情を持ち続けたし、中学時代の二人の友人とも、それはよい交際を続けた。

その四人とも、すでに鬼籍にはいったけれど、私は何時かその事をゆっくり書いて見たいと思う。

他に、主人がとても尊敬する人があって、私もその人に会わされて、流石に主人が尊敬する様な立派な人だと思ったけれど、窮局には思いもかけず裏切られた。その口惜しさは、女の私にも、ひどくこたえた。男の友情にもこんな思わぬ醜い面があるのか、と疑った。主人はその人の理想に命がけでついて行った一人だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

江上茂資料館

当会へのご連絡はこちらから

会員ログイン

江上茂資料館

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Egami Karatedo Doyukai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status