『遊天荘』の復興・維持を行いながら、武道や空手道を通じた江上茂の教えを後世に伝えます

君影草 完全版 第5章 第6話 『イタリーからイギリスへ』

このページのコンテンツを全てお読みいただくには、協力会員への登録が必要です


イタリア ローマ アッピア街道

スイスの旅を終えた我々一行は、一度パリに戻った。

此処で二、三日休養をとり、村上さん一門の演武会に出席する事になっていた。

村上さんは、渡欧以後、言うに言われない苦労をされた様だが、人柄ゆえか追い追い門弟も増え、フランス、イタリア、ポルトガルに大きな支部を持っていた。折りにふれて、話を聞く度に異国での苦労はさぞ、と思う。それだけ苦労人であるから、我々を招待するに当たって、水も洩らさぬと言える心づかいをしてくれた。

胸の熱くなるような思いであった。主人も、人を招くのは、この様にしなければいけないね、と感心した。村上さんにしても、大島さんにしても、その点は本当に紳士であった。

リーダーが立派だと、必ずよい門人が居る。言葉は通じなくても以心伝心でみんな通じる。

大島さんと、村上さんが若い頃、このパリで、プレイと云う男の許で働いていた時の苦労は前に書いたが、今はこうして村上さんはパリで、大島さんはロスアンゼルスで多くの門人を集めている。永年の苦労が実った事と、本当に喜ばしい。

パリ滞在中の演武会で、私はずっと以前、アメリカから大島さんが日本に連れてきた少年で、「チエムラ」という若者が居るのに驚いた。彼はなかなか美少年だったし、何だか日本人の様な名前なので覚えていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

江上茂資料館

当会へのご連絡はこちらから

会員ログイン

江上茂資料館

  • facebook
PAGETOP
Copyright © Egami Karatedo Doyukai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status